アクティブ投信で大儲け?

アクティブ投信に関する実践記録

この泥沼はいつまで?月別損益推移&9月明細。

10月1日

 

ようやく月も変わりました。

松下幸之助氏曰く、「日々是新」。

新しい月を迎えて、きっと良いことが始まるはず、と期待するしかありません。

 

昨日の結果

収支  +3,137,359円  前日より 57,362円のマイナス。

 

今朝のNY市場

まだまだなのでしょうかね。

 

前日からの増減

合計で、-57,362円。

事ここにに至っては一日の上げ下げなどどうでも良いことです。

取りあえずは、少し引いて9月の状況を総括です。

 

今年は、518万の損失。私の身分では長期運用なのでノープロブレムなどと悠長なことを言ってられない状況になってしまいました。

何かいけないことをしたのでしょうか、明細をみてみます。

 

SPXL、やはりレバレッジの威力まざまざです、額でも騰落率でも抜きんでています。

では、やらなければ良かったかを冷静に考えると、少ない投資額で多くの資産形成を目指そうとするならやはりこれしかないかと。現にSPXL単体でも利益を確保していますし、これより外に行く途無しです。

今猛烈な勢いで下げていますが、売却中なので喜ばしい限りです。最高値が146ドルほど、現在値が54ドル、もとをただせば由緒正しきS&P500の流れをくむものですから、このままで終わるわけがないと考えます。常に買い時を考えています。

 

次にダメージが大きいのが米国株式配当貴族

-25万、およそ8%の下落をもろに食らってしまいました。

9月は様子をみるとしていたのに、完全にやらなければというタラレバです。

新しくファンドを買いに出る時期の判断は難しいです。

本来なら流れが買いを示している時がベストなのでしょうが、それを待っていたらいつのことになるやらわからないと結局今回の下手を打つことに。仕方ありません。

 

後のファンドの損失は完全に想定内。このリスクを許容する胆力はあります。

 

蛇足ですが、保有するSOXLの下落が止まりません。

68ドルあったのが今は8.8ドルとやっぱり来たかと言う下げ方。

50万円までは、2万円づつ安値を拾う方針ですが、10ドルまではさすがに下げないだろうと思ったら易々と約定になってしまいました。現在8ドルの指値中、こうなれば上等だ4ドルまでかかってこいです。追い銭まで取られるわけではないのでリスク100%までやってみます。

 

「日々是新」と前向きに捉えたいところですが、どうやら年末まで厳しい状況が続くことも覚悟です。取りあえず新しい10月にかすかな期待をするしかありません。

結局私はいくら損をするの?を計算してみた。

9月26日

 

先日のテレビで専門家にどういう投資を目指すかを聞いていました。

アナリスト井出氏が、ヨーロッパ富裕層の子々孫々に受け継ぐ投資とおっしゃっていました。

胸のつかえが落ちたようなスカッとした気分になりました。

せっかくこの世に生を受けたのですから、一生懸命生き、それを子や孫に引き継いでいく、投資がその大きな支えになればいいと常日頃から考えてきました。

諦めるわけにはゆきません。

 

基準価格期間別騰落率の観察。

毎週愚痴ばかりの展開になってきました。

事実、表が赤だらけで不安ばかりが募ります。

目にし耳にする識者の予測もまた、これからの更なる下落を言うものばかりです。

 

私の投資法は、流れに従うで、つまりはこの下落相場を座して待つしかありません。

上昇すれば売却予定値をそれに応じてスライドさせてゆくわけですが、昨今の状況ではそれもなさそうですし、損失額もほぼ決まっていることになります。

ということで、結局私はいくら損をするの?を計算してみました。

 ① インド・オーナーズ

 現在値19942円、売却予定値17391円。-6.70% -20万円。

まあ、仕方がないレベルでしょうかね、大きな暴落に見舞われてこれで済めば儲けものの類と諦めます。1年後ぐらいの再購入で暴落はチャンスと大反発を期待するするしかありません。

負け惜しみとそしりを受けそうですが、運用開始から100万円投資して今回売却となったらどうなっているのか検証してみました。

今回のマイナスは-1.9%、-38798円、トータルでは+91%、+91万円。

こんな感じで暴落を乗り切れるのならノープロブレムです。(再投資で計算です)

 

② 世界割安成長株投信

現在値22213円、売却予定値19930円。-12.2% -366543円。

現在値から売却値まで大分ありますし、しばらくは大丈夫だろうし運用期間もコロナショック後と言うこともあって実は一度も売却の下落に見舞われていません。

いつかは来るであろう売却しなければならない時期としては-12%はちょっときつい感じですが、こういうこともあるのかなと納得です。

これもバックテストをみておきましょう。

100万の投資で99万円の利確、望むべき最上級のパターンです。

続けていれば必ずこういう幸運に出くわすはずと、意を強くします。

相場が戻った際には、およそ2倍の投資額で複利効果を狙いに行けるはずです。

 

③ 米国株式配当貴族

現在値21202円 売却予定値 19219円。 -13% -434344円。

買ったばかりで、この結果は痛いです。何度も愚痴っていますが9月まで待つも考えたのに、このファンドの下値抵抗力に賭けましたが、もしこの結果が到来するとすれば致し方なしということです。-13%は想定内ですからね。

バックテストはこうなっています。

これは最近載せていましたが、2017年からですでに2回ほど売却を余儀なくされています。これも下値強いと思いますが、実際にあったら自慢ができる利確です。

 

結局 ①∔②∔③、合計で-100万円を覚悟しなければならないようです。

実際にそうなったら、これらのファンドの手堅さと予定値まで大分ありますから相当の暴落になるはずです。それでこの結果なら上等と思うしかありません。

残念だけど覚悟だけはしておきます。

 

良い一週間を。

米国株式配当貴族、全バックテストを考える。昨日は-28,417円。

9月21日

 

昨日の結果

収支  +3,649,185円  前日より 28,417円のマイナス。

 

今朝のNY市場

さて、これから上げるのか下げるのか。

 

前日からの増減

 

合計で、-28,417円。

レバレッジ砲が取りあえず消えて、なんだか気が楽になりました。

それじゃあダメなわけで、これから必ず来るであろうひと山ふた山の前のしばしの休憩と言う位置づけです。

新しく隊列に米国株式配当貴族が加わりましたが昨日は下げ相場のなかでしっかりで思惑が当たったようでしてやったりです。

 

 

米国株式配当貴族、全バックテストを考える。

5年を超える運用期間で、一応山あり谷ありを経験して、+117%。

実際に持っていたら悪くない結果と言えます。

覆水盆に返らずで、買った後に今さらですが、私の運用法だったらどんな推移になったのか、全期間のバックテストを試みてみました。

投資額100万で、表の通り下げてきたら売り、上げてきたら買いを繰り返しました。

売却したのは、2018年12月の暴落、そして記憶に新しい2020年2月のコロナショックの2回だけ、思ったより少ない印象で安定しているということです。

最終的に+141%でガチ保有を上回っています。

嬉しいのは売却した2回ともわずかですが利確できていること、いつ売っても利益を確保できるというのはモチベーションになります。

 

問題はこれからどうなるかです。考えられる展開としては、

 ① 横横を繰り返す。

 ② じわじわと下げ続ける。

 ③ 何気に、上昇していく。

①はじれったいですが、痛くもかゆくもありませんし、いずれトレンドははっきりすることになります。

この投資法の妙味は②にあります。現実のように110%も含み益が出ていれば喜んで利確できるでしょうし、それからの下げは絶好の買い場を提供してくれるわけですし、過去の例でも暴落の後が資産形成のチャンスであることは言うまでもありませんが、多くの利確益を確保しているわけですから迷わずその波に乗れるわけで数字に従うだけです。

蛇足ですが、③もそれなりにウエルカムです。売り時を迷う必要もありません。

着々と増える含み益ににんまりで、いつかくる下げを美味しい思いをさせてもらったと、素直に受け入れることができるはずです。

 

買ってからこの展開になるまで辛抱するのが大変ですが、S&P500より下値抵抗力は強いと見ていますが暴落には勝てないわけで、もしかすると利確できないまま売却ということになるかもしれません。それでも回り道しても望むべき道に導いてくれるはずです

何しろ暴落はチャンスなのですから。

頑張ります!

       にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
       にほんブログ村

旅行を大いに満喫、しかし帰ってからの現実に。昨日は-290,731円。

9月19日

 

台風免れて無事旅行を満喫できました。

ところが、帰ってからの現実にやっぱりかで、意気消沈です。

思わしくない時こその備忘録と気を取り直して結果のまとめからです。

 

昨日の結果

収支  +3,677,601円  13日より290,731円のマイナス。

 

米国株式配当貴族が予定通り隊列に加わりました。

駄々っ子みたいなもので、欲しいと思ったら我慢がききません。

今週のFOMCもありますし、最初の予定通り9月を待つべきだったかもしれません。

お陰で無駄な出費をしてしまいました。考えはしたのですが、上手くいかない山あり谷ありを乗り越えてこそと、言い訳にもならない言い訳でゴーサイン、なんとか高い授業料だったと笑い話になることを願っています。是非もなしです。

 

13日からの増減

合計で、-290,731円。

ジャパンオーナーズを表から外しました。好きなファンドで日本株ファンドならこれを追いかけようとしていたのですが、世界株に利ありと一旦利確で撤退します。

 

 

基準価格期間別騰落率の観察。取りあえずの対応は。

 

米国株式配当貴族を加えました、これから波乱含みの中でどう推移するか観察です。

今週もそうでしょうし、高金利が妨げになるというより金利上昇局面への懸念でしょうか。そうするとしばらくはダメということ、憂鬱です。

 

悪い局面では、尚の事対応方針を明確にしておかないと右往左往するばかり。

この銘柄で当面勝負していくつもりです。

上の3銘柄は高値を更新したばかりで、売却予定値まで余裕があり、しばらくは安心してみていられます。

SPXLは売却予定値まで下げてしまっているので今日の夜にでも売却するつもりです。

負のスパイラルに入っていてここ10年余りで初の4連敗になります。止まぬ雨はないと信じて懲りずに挑んでゆきます。

グローバルAIファンドは油断して買い時機を逃してしまいましたが、表の様に現在値がそこそこで売却予定値まで仮に下げて売ることになっても損は免れることになり、これが保有している時最も望ましい展開です。もったいなかった。

グロース株ファンド意外に狙い目かもしれません。

 

9月も早々と白旗状態で、何とかこの湿っぽい雰囲気から抜け出したいものです。

良い一週間を。

 

       にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
       にほんブログ村

後悔先に立たず。昨日は-156,811円。

9月14日

 

昨日の結果

収支  +3,968,332円  前日より 156,811円のマイナス。

 

今朝のNY市場

何とか持ち直してくれ~。

 

前日からの増減

 

合計で、-156,811円。

やはり、そうなるのか。

このところポジティブな展開が続いていたのでまさかCPIショックがここまで大きいとは思いませんでした。

こんな時に配当貴族を買うは、SPXLにと、全力投球とは。後悔先に立たずです。

不吉な予感はしたのです、それでも買いシグナルが出ていたので粛々と行くしかないかと。

基本間違っていないと思うのですが、このような乱高下の時の買いシグナルを数字で見分けるのは甚だ危険と分かっていました。現に昨日も表で示したようにSPXL投資法負けが続いていたのです。

来週もパウエル議長の発言やらで下げが必至な展開です。

 

 

世界割安成長株投信インド・オーナーズは昨日共に高値を更新で大喜びといきたいところですが、あらためてレバレッジ砲の威力を痛感です。

穏やかに正攻法でと考えなくもないのですが、今しばらくは夢を追いかけます。

 

明日から3日間、旅行に出かけます。

その間に神風が吹いてくれると嬉しいのですが。

最後の最終兵器登場です。

「神様、仏様~」

 

       にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
       にほんブログ村

SPXL、ここで181万購入はしんどかった。昨日は+20,677円。

9月13日

 

昨日の結果

収支  4,125,143円  前日より 20,677円プラス。

 

今朝のNY市場

問題はこれからですよね。

 

 

前日からの増減

合計で、+20,677円。

SPXL、再復活です。

本音を言うと、ここで181万購入はしんどかったです。

なにしろ、これからパウエル議長のご宣託で大幅下落もありますし、そもそも景気後退は確実とか。

8月の収支明細で見たように、インド・オーナーズと世界割安成長株投信が合計26万と健闘したのにそれを台無しにした張本人がSPXLで-28万、レバナスもやられて結局合計-17万と考え抜いたファンド選択が一撃必殺でした。

9月も今のところ全く同じ展開です。何故今このタイミングで? 自分でももう少し待てばという囁きが聞こえるのですが、そこは数字に従うです。

SPXLはSBI証券とマネックス証券で運用しているのですが、表の一番右側の147万が両方合計の収支、その上の87万がマネックス証券でのトータルです。

SBI証券のドルはそのままにしてありますので、円安の効果でおそらく増えているはずですがドル運用もひとつの資産運用と考え放置しておく方針です。

しばらくはこの表のマネックス証券でのみ参戦を繰り返すつもり。

御覧の通り、ここのところの参戦では負けとなっていますが、含み益の桁が一つ以上目指すところと違います。そのためには勇気を持って参戦し続けるしかありません。

しんどいのが、これからの糧になることを願って懲りずに頑張ります。

 

レバナスも元表に残してあって、いつでも参戦する用意はできています。

昨日話した米国株式配当貴族は330万注文を出しました。

しばらくは、この陣容でゆきます。

 

       にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
       にほんブログ村

基準価格期間別騰落率の観察。下手打った?どうしよう?

9月12日

 

暑さ寒さも彼岸まで。

お寺さんからお彼岸供養のお知らせが来ました。今年は落語の一席も聞けるとか。

たわいなく笑って、両親を偲び、帰りには麻布十番にあるお気に入りの蕎麦屋で締めくくろうかと考えています。

 

基準価格期間別騰落率の観察。

 

先週は、打って変わって全ファンドプラスに転じました。

当たり前な事だけど、やはり目先にとらわれていてはダメということでしょうか。

現に先週一番成績の良かった世界医療機器ファンドなど一年リターンでは-4.1%で、なんだ今一つだと思われがちですが設定来6年ほどでは+168%と10年を待たずして2.6倍になっています。これも利確のひとつでしたが下手打った類でしょうか。この頃は訳も分からずリターンに惑わされていたような気がします。

 

 

米国株式配当貴族、下手打った?どうしよう?

 

基本御覧のような綺麗な右肩上がりです。

  5年 122%   1年  27%   半年  24%   一か月 5.3%

5年で倍以上、しかも「S&P500指数」を構成する米国の代表的企業500銘柄から、『配当貴族』と呼ばれる「25年以上連続して増配を実施している」銘柄に投資とこれ以上ない優良企業にですからこの波乱相場ではこれしかないでしょうという感じすらします。

前にこのファンドが気になると書いていました。

その時の結論が9月まで様子を見るでした。

資産を殖やすには投資元本によるのは当たり前のこと、結果的には5%をみすみすどぶに捨てたことに、よくある「ほら、言った通りでしょ」。

どうしよう?

その都度目移りしていて墓穴を掘るのも嫌だし、ハイエナがご馳走を前にすごすご退散するのもしゃくだしです。

考える一番の上策は、グロース株ファンドのグローバルAIファンドの出番をしつっこく待つなのですが、前回乗り損ねてしまってどうやら時間がかかりそうです。

ここは、思い切って朝令暮改と行きましょうか。

こんなところで逡巡している自分が情けないです。

長期保有なら必ず陽の目を見る、チャートをじっくり見ると直近下げたところがありますが-10%までで戻しています。それを信じてエイヤーです。

 

投資って、奥が深いです。

良い一週間を。

 

       にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
       にほんブログ村