アクティブ投信で大儲け?

アクティブ投信に関する実践記録

投資信託に時間は必要なの。

 

 

   10月20日
 今日は昨日の結果集計でしたが、あいにくSBI証券のメンテナンスでアクセスできませんでした。
 新興成長株ファンドについて、思いつくことを調べてみます。
まずは例によってチャートから
 
 
 全体を見ると奇麗な右肩上がり、この時期ならどうやっても利益をだせたということでしょう。
 もう少し細かくみていくと、2016年はほとんど動いていません。
2018年もはっきりしない動きです。
 今考えるべきは、2017年の再来を待つのではなく2016年・2018年をどのようにすべきだったのかです。
 下手な考え休むに似たり。果報は寝て待て。果報は練って待て。
墓穴を掘る。後からなら何とでも言えます。
 私は、楽しんであがきます。ということで、さらに詳しく見ていきましょう。
 
 
 2016年を拡大してみました。
   2015年 12/30 14,202円 2016年 12/30 14,949円
    14,949円 ÷ 14,202円 = 5.2%のリターン
 2018年は、
 
  
  2017年12/29 20,817円   201810/18 23,034円
    23,034円 ÷ 20,817円 = 10.6%のリターン
 意外な気がします。2月そして10月と結構な下げにあっても10%以上のリターン。やはり諦めずに持っていた者勝ちということでしょうか。
 それと、トータルリターンをみるなら再投資はすべきですね。
 2016年は辛抱して5.2%のリターン、しかもその後の2017年のリターンは60%強。1,000万円で600万円、本当に果報は寝て待て、です。
 2018年は今まで10.6%、やはり王道で辛抱するのが果実を得る一番の早道なのでしょうか。私のようにこらえ性のない者にとって、さらに明日ブログする予定ですが保有ファンド10月成績は9%以上の下落、借金生活に突入した者に後付けなら何とでも言えますが2017年の再来を期待するのは難しいです。
 
 それにしても素人考えですがこのファンドは買付も売却も無料、2月やこの10月のように大きく下げた時の秘策はないでしょうか。それさえあれば無敵なのですが。
 少し時間をかけて損切り、利益確定、買付と短期売買を取り入れたらどんなことになるのか過去のデータを追いかけて、妄想ついでにその場面を再現してみます。
 
 明日は、注目の村田諒太の試合。
 ボクシングのメッカ、ラスベガスからメイン試合で生中継。