アクティブ投信で大儲け?

アクティブ投信に関する実践記録

看板に偽りあり、391,527円マイナス。

  10月26日

   昨日の結果。

 

 
 

 

 収支、ー561,912円。 前日より 391,527円マイナス。

 昨日  日経 -3.72%     TOPIX -3.10%

     東証 値上がり 34    値下がり 2072

     新興成長株 -5.42%

 ここまで下げるとは、茫然自失です。危うくやけ売りしそうでした。売ったからといってどうするという明確な方針もないので、考えて考えてと自重しました。

 反発すると思われた今日もNYダウを置いて下げていましたね。本当に蓋を開けるまで分かりません。

 

 「アクティブ投信で大儲け?」、看板に偽りありです。誇大広告です。面目ない。

 こころざしだけは理解して下さい。でも諦めてはいません。最大利益の追求をこれからも一生懸命考えていきます。

 

 アクティブ投信でありながら安全、安心は両立するのか。

 ◎保有価格から一定割合、上げても下げても売る。とりあえず5%としました。

 売却後一定割合、上げても下げても買う。とりあえず7.5%としました。

 これを繰り返すという機械的、いたってシンプルな方法です。

 ◎期間は、株価がどんどん下げリーマンショックの荒波を受け、ついには3,500円   まで下落、下落率66%を経験した最も困難な時期、2007年から現在までおよそ10年強を検証しました。

 ◎対象は、勿論ウオチャーでありますから、新興成長株ファンドとしました。

 ◎投資機会は、55回、勝率は37勝18敗でした。

 ◎投資金額は、500万円、売却したらまた500万円投資という方法です。

 ◎結果は、5,405,000円の利益でした。10年間で2倍強です。

 ◎この方法の最大の長所はアクティブ投信でありながらリスクが限られていることです。具体的には500万円の投資で最大5%、つまり25万円の損失を覚悟すればよいという点です。さらに保有期間がきわめて短いということ、ストレスを長く抱え込まないですむという点です。

 

 今の相場環境の中で、一定のリターンをあげながら表題の安全、安心を満たしている方法かも。この続きの浅読み、深読みは明日にでも。

 

 写真は、少し気休めになればと探して載せているのですが時間的にも精神的にもその余裕がありません。残念無念。

 

                 投資信託ブログランキング参加用リンク一覧 
          にほんブログ村