アクティブ投信で大儲け?

アクティブ投信に関する実践記録

悲しいけど、下手な考え休むに似たり。

10月28日

色々考えているうちに何が何だかわからなくなってしまいそう。

気を取り直して続けます。

 

 投資信託で長期保有と少なくても一括投資は両立しない。

 

まずは、日経平均の長期30年チャートをみてみます。

 

 

 

 忘れられているかもしれませんが、

   日経平均最高値 1989年12月29日 38,915円

 およそ30年前です。いわゆるバブルの頃、それからの動きはグラフの通り。どうですか、30年経ってもまだ損をしたままです。

 緩やかな世界経済の成長の通りに株価が動くのであれば、今頃は少なくても7万円以上になっていてもおかしくないはず。

 あの時は別格とばかり言えません、実際に有ったことですから。最近の動きをみると避けては通れない問題です。

 一括投資では、長期保有も万能ではない、証しです。

 

 投資信託で30年運用しているのは30本。

 長期保有長期保有と囃し立てている割に少ない気がします。

 

 とりあえずみてみます、サンプルはインデックスファンド225。

  数字は残念ながらモーニングスターでも20年しかありませんでした。  元本258万円を取り戻すのに2014年、およそ17年を費やしています。

 現在までのリターン 一括投資1.58倍  積立投資2.1倍

 17年も辛抱できるのか、その後も単に時に恵まれただけで、含み益は暴落の嵐で30年前に戻るのか、わからないだらけです。

 

 上のファンドはリスク4です。思い切ってリスク1まで下げてみたらどうでしょう。

 

 サンプルはフィデリティ・ストラテジック・インカムA

 

 さすがにリスクをここまで下げると、元本241万円が少し下落した程度で安全安心と言えるのかもしれません。

  一括投資1.63倍   積立投資1.32倍

   平均利回り 0.63 ÷ 20年 = 約3.1%

 億以上のお金を運用する人には良いかもしれません。

 

 これから資産形成する、ハイリターンで安全安心、欲が深すぎますかね。もう一度新興成長株ファンドをみます。

  冷静に見ると2012年までは良いパフォーマンスとはいえません。

  一括投資3.25倍   積立投資4.7倍

  このリターンは捨てがたいですが、2012年からが良すぎたのかも。

 うーん、頭が痛い。

 今日はここまで、まだ考えます。

 

                  投資信託ブログランキング参加用リンク一覧 
          にほんブログ村