アクティブ投信で大儲け?

アクティブ投信に関する実践記録

含み損62万を減らすのに大切なこと、なに?。

f:id:tomyrich:20190707132636j:plain


7月7日

 

含み損62万を減らすのに大切なこと、なに?。

 

今日は七夕、願いも込めて悪戦苦闘の中から考えていることを語ります。

 先ずは、チャートから、

f:id:tomyrich:20190707133849p:plain

思えばこのチャートが私の投資信託への挑戦の始まりでした。

これなら私にもできる。儲けるなら多い方がいいに決まってる 。

そこから最大124万円の含み損を抱えるのに時間はかかりませんでした。

  投資信託にも、タイミングが何より大切。という理解が足りなった。

f:id:tomyrich:20190707135308p:plain

3年をみても、新興成長株オープンが一番。ところが1年をみると、

f:id:tomyrich:20190707135553p:plain

今度は最下位に転落。良い時には10%以上のプラス、悪い時にはマイナス20%まで下落、しかも現在もマイナス。投資にはタイミングが必要ということ、とりわけアクティブでは慎重にと教訓を得ました。

教訓その2です。

長期保有は絶対ではない?

これは確たる自信はありません。というより長期保有する自信がありません。

f:id:tomyrich:20190707142649p:plain

上のグラフは2004年から2011年の8年間です。

8年間、色々あってかなりのマイナスに終始しています。

いやいや、また持ち直すから。それはあとから言える話。少なくとも私には辛抱するには長すぎます。金額が大きくなれば尚のことです。

貴方なら8年間戦いますか。

 

現在、含み損が46万円に減少、およそ78万回復です。

その主な原因は。おそらく時期が良かったことでしょう。

このタイミングをつかむことに傾注します。

先日、国の年金資産運用2018年の結果が出ましたが、たしか2兆円あまりのプラスだったはず。環境が悪くてもプラスになる途もあるのかも。

私も、投資信託を始めて気づいたこと。負けるのが嫌。

長期でプラスになればいいなど、悠長なことは性分に合いません。

 

これから、先ず含み損を減らすために注意すること。

  勝ち馬を観察。 少ない資金の最大効率を図ります。

  追加投資のタイミングを観察。

  それでも運がなければ、一旦退却。

 

先週は、理想的な展開でした。柳の下にドジョウが二匹。

今週も良い一週間でありますように。

 

今日の夕食は、新宿でみんなでとんかつ。

エンゲル係数を計算したらとんでもないことに。

 

 もう少し若ければ、こんなに安く簡単に英会話が習えるのに。

       にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
       にほんブログ村