アクティブ投信で大儲け?

アクティブ投信に関する実践記録

あなたならどれを、基準価格期間別騰落率から選ぶ。

f:id:tomyrich:20191005215033j:plain


主要ファンドの基準価格期間別騰落率を調べて、これからを考えます。

f:id:tomyrich:20191005215104p:plain

上の表を見ても、厳しい一週間だったことが分かります。

ほとんどすべてのファンドがマイナスのなか、東京海上・ジャパン・オーナーズがすべての期間で黒字化を果たしているのが目を引きます。同じ日本株ファンドで人気のひふみプラス、そして日本株の動向を最もよく表している日経225インデックスファンドをチャートでみてみます。

 

   東京海上・ジャパン・オーナーズとひふみプラスの成績を比較する。

① ひふみプラス、運用開始からの成績

f:id:tomyrich:20191006113644p:plain

ひふみプラスは2012年5月より運用

  トータルリターン 264%  およそ7年間の年平均利回り 35%

今から考えると恵まれた環境でした。他のファンドもそれなりに成績をあげています。

このこのときから投資を始めたかった。

 

② 東京海上・ジャパン・オーナーズ、運用開始からの成績。

f:id:tomyrich:20191006114428p:plain

ひふみプラスからおよそ1年遅れて、2013年4月に運用開始しています。

    トータルリターン 236%  およそ6年半の年平均利回り 36%

ひふみプラス以上の成績です。凄いです。

チャートでひふみプラスと見比べてみると、2018年からの優劣が際立っています。

ここ1年の成績も比べてみましょう。

 

③ 直近1年間の成績。

f:id:tomyrich:20191006115952p:plain

東京海上・ジャパン・オーナーズだけがプラスを維持。

最近の投資の厳しさを物語っています。

それにしても、ひふみプラス終始最下位とは。断然の人気を誇っているのに。

過去のパフォーマンスでも東京海上・ジャパン・オーナーズはひふみプラスを一歩以上リードしていて、しかも最近の思わしくない環境でも底堅く頑張っているのに、ひふみプラスに人気で後れをとるとは、不思議です。

 

私が、ここから感じたことを箇条書きしてみました。

  ① 投資信託では、チャンスを見極めることが大切。

  ② 投資信託では、ファンド選びが大切。

  ③ これからは外国ファンド、という思い込みを捨てる。

  ④ ①と②を度外視した積立投資は最善ではない。

  ⑤ 継続は力なり。

 

さて、横道にそれましたが、来週の追加購入です。

あなたなら、どうしますか。 

強きにつく、わたしには答えは簡単。今週も設定来高値を更新した

   ノーロード 明治安田 J-REITアクティブ  5万円追加購入です。

 

 

  ヤフーショッピングに総合通販サイトを開店しました。

ようやく慣れてきて、お陰様で売り上げも着実に増えてきています。

政府が肝入りで進めている消費者還元で5%にも対応しました。

20万アイテムで、皆様のお役に立ちます。

store.shopping.yahoo.co.jp

       にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
       にほんブログ村