アクティブ投信で大儲け?

アクティブ投信に関する実践記録

基準価格期間別騰落率から━ジェイリバイブを購入する。

f:id:tomyrich:20191207233300j:plain


12月8日

 

 主要ファンドの基準価格期間別騰落率から明日を考える。

 

f:id:tomyrich:20191207235008p:plain

先ずは、私にとっての関心事、保有ファンドの観察から。

主力ファンドとしているグローバル3倍3分法J-REITアクティブがいずれも思わしくありません。あれほど我が世の春を誇っていたのに。今月12万のマイナスはここに起因しています。5%より下落してきたら即売却です。

 

直近は、バランスファンドが振るいません。悪くはないはずと思いますので注目。

新興国も依然として上昇の兆しが感じられません。理想と現実の乖離のままです。

私的には、リスクを取りに行くには時期尚早と判断しましたが、いかがでしょうか。

良いのは株式ファンド、いまさらとも言えますが上昇気流に乗るのも大切。悩ましいです。

資産形成の源は何度考えても、投資元本の増加につきると考えます。

では、どのタイミングで増やしていくのか。

結論から言うと、私にはわかりません。だから積立投資でしょ、という声が聞こえてきそうですが、素直にうなずけません。

 その理由の第一は、根本的にへそ曲がりということ。積立はどうも性に合いません。

 練ってみることで、もっと果実を得られるはず、という誘惑から抜け出せません。

ということで、とりあえずの具体的基準です。

   リターンが1年で10%以上。

   1か月のリターンが1%以上。

   ここ1週間で上向きになっていること。

上の表にそれを当てはめると合格するのは、

  SPXL  東京海上ジャパンオーナーズだけです。

 

SPXLについては、昨日もお話した投資方針でいくつもりですので取りあえず除外。

東京海上ジャパンオーナーズは考えてしまいます。最近のパフォーマンスも過去の成績も言うことありません。

でも、ついこの間30万購入したばかりであること。

もうひとつ、手数料が2.2%取られることがどうもひっかかります。無料化することが決定しているみたいですし、それからということで今回はパス。

随分長い前置きです。唐突ですが、中小型割安株F ジェイリバイブに決定します。

f:id:tomyrich:20191208124945p:plain

 

設定2006年からの成績です。アクティブ投信の優等生で、長期でこれにまさる優るファンドを知りません。長らく中小型株の不振にあえいでいましたが、ようやく陽が差してきました。

f:id:tomyrich:20191208125402p:plain

 みたか、これぞアクティブ投信の威力です。

手数料を考えれば、もちろん12月からは抜群の伸びです。

成長性の見込める中小型割安株への投資、リターンが目にみえるようです。

テクニカルなところでは、ジャスダックは11連騰とか、怖いですが、

  5万円の購入、10%下落の5,000円損失で売却です。

これならリスクのうちにも入らないで投資の楽しみ、毎日が楽しみです。

  今週は、中小型割安成長株F ジェイリバイブ 5万円購入です。

 

毎日の生活にちょっとお得情報を。

楽天市場、ヤフーショッピングなどネットが買い物するなら、colleeeコリーからがお得

ポイントがwで手に入るのですから、使わない手はありません。

そのほかにも、お得情報が。入っておいて損はありません。

あなたの生活をちょっとお得にする裏ワザ盛り沢山!「お得レシピ」更新中!colleee

 

       にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
       にほんブログ村