アクティブ投信で大儲け?

アクティブ投信に関する実践記録

上昇局面での買い増しの結果、数字で検証しました。

f:id:tomyrich:20191213125707j:plain


12月13日

昨日の結果

f:id:tomyrich:20191213125731p:plain

収支、 -95,055円  前日より 14,946円のプラス。

昨日  日経 +0.14%   TOPIX -0.12%

    値上がり 708   値下がり 1342

 

日経もNYダウも上がりたくてしょうがない様子と書いていましたが、今日の爆謄はまさにそれ、まってましたという上げ方。

それなのに、完全に置いてきぼり。どうしようもありません。

昨日の内訳です。

 グローバル3倍3分法ファンド         +0.10   +3,674

   J-REITアクティブ          -0.14%   -3,898円 

   世界医療機器ファンド        +0.01%    +82円

 東京海上・ジャパン・オーナーズ    -0.45%      -1,355円

   SPXL                +2.57%    +16,724

  J-Stockアクティブ・オープン    -0.56%  -281円

 

合計で 14,946円プラスですが、なんということはないSPXLにおんぶにだっこ。

実質的には負けです。12月の様子です。

f:id:tomyrich:20191213131509p:plain

主力ファンド撃沈、改善の兆しなし。

J-Stock指数は今日も1%以上の下げみたい、手放すべきかな悩みます。

 

投資で資産形成する第一条件は投資額を増やすことです。それでは、

今年に入ってからの基本的に上げ相場のとき、積立・買い増しはありなのでしょうか。

またもバカバカしく、真面目に数字で検証してみました。

 上昇局面での積立・追加購入は是か非か?

前提は、基準価格 10,000円  初期投資 100万円

    基準価格 200円 およそ2%の上昇局面で追加購入するというもの。

f:id:tomyrich:20191213135045p:plain

上昇には、必ず下落が付いて回ります。 

基準価格 12600円 リターン26%まで順調に増え続けました。

そこで、12月12日 15%下落した結果です。

投資額は100万から230万まで一生懸命増やしたのに -4,526円 。

もし、追加購入していなかったら +70,000円。

結局考えるまでもなく上昇局面での追加は購入平均単価をどんどん押し上げて墓穴を掘る結果かも。

さらに10%下落というごく有る場合の数字もみてみました。

 基準価格 11340円 13万あまりの利益。

ただ、初期投資の100万だけの場合でも、13万。積立はなんだったの。

 

上昇局面での積立、どうでしょうか、なんのためにこつこつ積み立てたのかデメリット

が大きい気がします。

かといって、下落時の追加投資はリスクが大きすぎる気もしますし。

では、どうするか。袋小路に入ったみたいで、もう少し考えます。

 

毎日の生活にちょっとお得情報を。

楽天市場、ヤフーショッピングなどネットが買い物するなら、colleeeコリーからがお得

ポイントがwで手に入るのですから、使わない手はありません。

そのほかにも、お得情報が。入っておいて損はありません。

あなたの生活をちょっとお得にする裏ワザ盛り沢山!「お得レシピ」更新中!colleee

 

       にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
       にほんブログ村