アクティブ投信で大儲け?

アクティブ投信に関する実践記録

SPXL恐るべし、NYダウをはるかに凌駕。

f:id:tomyrich:20200206182033j:plain


2月7日

昨日の結果

f:id:tomyrich:20200207132904p:plain

収支、  208,288円  前日より 77,542円プラス。

昨日   日経 +2.38%   TOPIX +2.07%

     値上がり 1838   値下がり 271

 

NYダウ、さすがに下げると思いきや、しぶとく上昇していました。

日経はあれだけ上げた後にしては手堅い展開。

昨日の内訳です。

 グローバル3倍3分法ファンド        +0.10%    +4,079円

   シグナルチェンジ戦略ファンド      +2.61%  +51,331円

  世界医療機器ファンド           +0.92%     +10,536円

   SPXL                +1.08%     +12,042

     J-REITアクティブ          -0.44%    -446円

 

線路は続くよどこまでも、昨日も大きく77,542円のプラス。

これで2月の含み益が20万を超えてきました。

まだひと山もふた山もありそうですが、今は浮かれておきます。

資産形成に最も重要なのは、何といっても資金を多くすることにつきます。

10万円が10倍になっても、しょせん100万ですから、とうてい資産形成とはほど遠い話です。

ということで、なんとか資金を増やさなければと思っているのに、今週3銘柄50万を売却して、逆行の動きとなってしまいました。

そこへ上昇気流で3%以上の戻し、売った報告をしたばかりなのに再購入しました。

    東京海上ジャパンオーナーズ   35万

   eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本) 10万

結果的には、貧乏人の節句働きみたいな様相、この苦労が報われる日がくるのでしょうか。

 

   SPXL恐るべし、NYダウをはるかに凌駕。

NYダウが連日高値で、アメリカ株の優位性が鮮明となっています。

それなら、何故その3倍レバレッジのSPXLに向かわないのでしょうか。

f:id:tomyrich:20200207140402p:plain

この3年をみるだけでもNYダウの140%リターンなど問題にしません。

問題は、下げるときの恐ろしさです。このグラフでも2018年末の急落がものがたっています。しかし戻りの凄まじさも見事。結局現在値240%のリターン、他の追随を許しません。

少額からの資産形成には、これしかないと信じます。

そうは言っても自分のお金となると大暴落は怖いです。

そこで、私の対策です。

まず、上の表とは別の口座に10万円、これは忘れて持ち続けてみます。孫が大きくなった時にとんでもないことになっているかも。

次に、前に何度かお話しましたが、現在85万投資で、好調を持続しているおかげで、含み益24万。もし暴落したらー15%で売却、利益確定します。

これを繰り返します。設定来の2008年からのシミュレーションでは結果10倍以上

更に、対応のその3です。年初にS&P500のレバレッジ2倍型ファンドを200万購入

このファンドは、モルガンスタンレーがハイリターン・ミドルリスクを狙った商品、なにしろ大暴落の代名詞リーマンショックの2008年でもプラスだったというシミュレーションを販売資料で提供しています。(天下のモルガンが詐欺?)

 

柳の下にドジョウはいるのか、これだから大儲けは楽しいといつか言えるかも。

 

       にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
       にほんブログ村