アクティブ投信で大儲け?

アクティブ投信に関する実践記録

損失を拡大させない秘訣、それは「退場」。

f:id:tomyrich:20200613000152j:plain

サンタ・エレナ渓谷 米国テキサス州、ビッグ・ベンド国立公園


6月13日

 

昨日  日経 -0.75%   TOPIX -1.15%

    値上がり 241   値下がり 1899

 

SBI証券がメンテナンスのため集計は明日に。

多分2日続けての40万円越えのマイナスになろうかと。

というわけで、小心者の欲深な私は、急遽「どうしたら資産を守れるか」

かねてからの資産運用での、一番の命題のひとつでした。

平たく言えば損をしないことです。

この乱高下で明らかなように、これが難しいです。

資産形成を目指すなら、儲けるときには儲けて、損失は出来だけ最小に。

当たり前のことが、いざ実践となると、問題山積となります。

そして、何度考えても、いきつくところは同じでした。

  損失を拡大させない秘訣、それは「退場」

 

儲けがあれば、守るために退場で利益確定、その後は損失0が確定します。

損失があれば、それ以上の損失を招かないために退場、その後は損失0が確定します。

 

投資額が大きければ、保有のリスクは飛躍的に大きくなり、その心痛に堪えるのは飛躍的に難しくなります。分散投資など何の役にも立たないこと、今回の乱高下で明らかです。

 

とはいえ、「入場」「退場」の実践は口で言うほど簡単ではないかも。

ひたすら勉強そして実践あるのみです。

私の、保有ファンドでみます。

f:id:tomyrich:20200613142048p:plain

 

3月19日にようやく下げ止まって、15%以上の上昇を確認してからの「入場」

順調に上昇して短期間で25%ほどのリターン、

得意満面だったのですが、突然のNY市場の大幅下落に見舞われました。

世の中、急に悲観モードです。

退場シグナルを感知することは、簡単ではありません。

唯一無二のシグナルは、明確な数字で流れに従うことと理解しています。

グローバル5.5倍の今回の下げは、チャートでお分かりのように4%ほど。

まだいくらなんでも退場には早すぎる数字です。

-10%を想定しました。それでも50万円ほど利が乗って「退場」

 

       にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
       にほんブログ村