アクティブ投信で大儲け?

アクティブ投信に関する実践記録

ひふみプラスと米国アクティブを比較。昨日も+106,242円。

f:id:tomyrich:20200805140422j:plain

「ウィンチェスター大聖堂の地下室」イギリス


8月5日

 

昨日の結果

f:id:tomyrich:20200805140502p:plain

収支  2,331,882円  前日より 106,242円プラス。

昨日  日経 +1.70%   TOPIX +2.14%

    値上がり 1807   値下がり 316

 

昨日の内訳です。

   シグナルチェンジ戦略ファンド      +1.11%    +24,993円

   グローバル5.5倍バランスファンド   +0.38%    +22,088円

   東京海上ジャパンオーナーズ      +1.21%   +8,643円

 米国IPOニューステージ・ファンド      +2.39%    +28,573円

                            SPXL           +1.14%      +21,945円

 

合計で、+106,242円。

御覧のように、今日も気持ちの良い全勝、だいぶハンディをもらいました。

 

グローバル5.5倍買付が約定になりました。これで420万円。

f:id:tomyrich:20200805141623p:plain

 

含み益は158万で、リターンは37%。

このまま、しばらく順調に推移すると良いのですが。

現在進行形で、より良いものに投資を続けるスタンスでいきます。

その典型がこちらです。

日米のアクティブファンド比較してみました。

 

ひふみプラスは日本の優良成長株に投資する、最も人気のあるファンドのひとつ。

今回比較するのは、私も保有している、米国成長有望株に投資する米国IPOニューステージ・ファンドです。日米アクティブ合戦です。

ひふみプラスは高パフォーマンスを誇る、絶大な支持を受けているファンドですが、運用期間があまりに違うので、便宜上米国IPOが設定された2019年11月のチャートからです。

f:id:tomyrich:20200805144122p:plain

 

この圧倒的な違いは何なのでしょうか。

コロナショック前も、そして後も明らかに上昇の仕方が違います。

後付けになるかもしれませんが、日本の成長企業とアメリカの成長企業の飛躍スケールがとんでもなく違うことを考えれば納得です。

今後このパフォーマンスの差を縮めることは想定できるでしょうか。

残念ながら余程の頑固者でなければ、軍配を挙げるのに躊躇しないはず。

当然のこと、私も外野席から慌てて参戦しました。

やっぱり、アクティブは楽しいです。

 

       にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
       にほんブログ村