アクティブ投信で大儲け?

アクティブ投信に関する実践記録

月別損益推移、残念9月は-692,604円。

f:id:tomyrich:20201001142209j:plain

システム障害の東証、全銘柄の取引を終日停止


10月1日

 

昨日の結果

f:id:tomyrich:20201001142313p:plain

収支    2,438,089円  前日より 61,841円のプラス。

昨日  日経 -1.50%   TOPIX -1.97%

    値上がり 253   値下がり 1892

 

今朝のNY市場

f:id:tomyrich:20201001142935p:plain

 まあ、上出来です。

 

  昨日の内訳です。

     シグナルチェンジ戦略ファンド    +0.08%     +1,730円

   グローバル5.5倍バランスファンド   +0.29%     +17,249円

   東京海上ジャパンオーナーズ      -1.61%     -15,256円

 米国IPOニューステージ・ファンド       +1.01%     +11,918円

                            SPXL            +2.33%      +46,200円

 

9月の損益がでました。

f:id:tomyrich:20201001143759p:plain

 

しばらく好調が続いていましたが、やはりです。

好事魔多し、今年一番のマイナスとなってしまいました。

正直、これ位で済んで良かったです。

会社で言えば決算みたいなもの、その内訳も確認しておきます。

f:id:tomyrich:20201001144253p:plain

 

中味は納得です。

損失はどちらもS&P500がらみのレバレッジ、

SPXL、ご存知レバレッジの代表格。儲けるときも損をするときも凄まじいのが特徴。

3月からの投資で、現在でも127%のリターン、これでとやかく言ったらおかしいです。何度も書いたようにように最悪の場合でも100%リターンで利確ですから、この損失は十分想定内、こんな損失発生ならいつでもウエルカムです。

一番損失が大きかったのがシグナルチェンジ戦略ファンド。

これへのスタンスは熟慮を繰り返しています。

これも何度も書いていますが特異な投資方法をとるS&P500の2倍型レバレッジ。

リターンが大きいことは容易にわかること、問題はそのリスクです。

販売資料では、2005年からのシミュレーションをのせています。

長期運用を勧めていますが、その根拠として、

 どの期間からでも1年間運用した場合、最小-13.3%、平均21.8%

 どの期間からでも3年間運用した場合、最小-1.3%、平均85.7%

 どの期間からでも5年間運用した場合、最小74.8%、平均198.8%

 

2005年から運用を開始したとして、

   S&P500指数 314%

  シグナルチェンジ戦略 1509%

 

つまり、一番運が悪かった人で1年間-13%。リターンは膨大。

現在、去年12月末より運用開始  +12.8%

 

「石橋を叩いて渡らず」はおもしろくありません。

とりあえず、運用1年まであとわずかです。

さて、吉がでるのか、凶とでるのか。投資は楽しいです。

 

       にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
       にほんブログ村