アクティブ投信で大儲け?

アクティブ投信に関する実践記録

基準価格期間別騰落率からみえる今後の最適解は?

f:id:tomyrich:20201101145922j:plain

井上尚弥、モロニーに7回KO勝ち!初のラスベガス&無観客も躍動


11月1日

 

基準価格期間別騰落率からみえる今後の対応。

f:id:tomyrich:20201101150003p:plain

 

先週は、すべて下落。10月全体でもいいとこ無し。

私も、かなりやられてしまいました。

負けないことがモットーで3連敗はなんとしても避けたいところ。

評論家は、予測すること自体でお金を稼いでいます。

失くして悠然と構えていられるお金など持ち合わせていません。

現状分析と、最も肝心なのはではどうするです。

 ① 先週の金曜日のテレビ番組「日経プラス」で鈴木コメンテーターが久しぶりに

   強気節全開でした。そこからの答えは、ずばり上がるのだからホールド。

 ② シグナルチェンジ戦略ファンドの判断と対応。

    f:id:tomyrich:20201101151750p:plain

   何度か話題にしているS&P500の2倍レバレッジファンドです。

   こちらのファンドでは、10月29日で現状を「リスク回避時」としています。

   実質的に投資を停止する対応をとりました。予想に反して上昇する利益を得るこ

   とができないこともあります、と注意喚起もありました。

   モルガンスタンレーは、巣ごもりを選択です。

 ③ 私の所有ファンドのチャートにも聞いてみましょう。

  f:id:tomyrich:20201101152841p:plain

  

  米国IPOニューステージ・ファンド   +0.87%

    東京海上・ジャパン・オーナーズ   -3.97%

    グローバル5.5倍バランスファンド     -9.37%

  eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)   -8.82%

 

どんな場面でも 快適に見てられるファンドなど存在しないのかも。

グローバル5.5倍、どう考えても悩む必要などない、-10%で素直に売却です。

一旦、100万円ほどで利確です。上昇したら即買い。

ハイエナ作戦が、リスク回避には最も有効と信じ、何度でも繰り返します。

 

追、今週の買い増しファンドは残念ながらなしです。

 

追、やりましたね。カウンターパンチ炸裂です。

100万ドル、プレイヤーです。まだまだお金になりそうな好敵手がいます。

今度は、満員の観客の中で、雄たけびを期待します。

 

       にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
       にほんブログ村