アクティブ投信で大儲け?

アクティブ投信に関する実践記録

基準価格期間別騰落率から思うこと、買い増しファンドは?

f:id:tomyrich:20201213142935j:plain

紅葉のトンネル


12月13日

 

基準価格期間別騰落率から思うこと、そして買い増しファンドは?

毎週末、基準価格期間別騰落率を調べ、入力し、チャートを確認することで何かいっぱしの投資家気取りになっています。

ただ、私の最も確かな指針になっているような気がしています。

f:id:tomyrich:20201213143003p:plain

まずは、雑感です。

この一週間は小動き、特に日本株ファンドは小休止でした。

1か月でみると、かなりの上昇でしたから納得できます。

年の暮れも迫り、思うのはやはり投資は根気よく続けてこそ妙味があるということ。

色々上げ下げがありましたが、それでもほとんどのファンドが10%以上の上昇となっています。継続しなければダメということでしょう。

 10%を下回ってのファンド。

その典型が Jリート。ご存知かと思いますが、つい先ごろまでリターン上位を独占し、我が世の春を謳っていたのに、私がかつて所有していた明治安田 J-REITアクティブはなんと大きくマイナスです。下落基調にあるファンドは淡々と一旦手放す方針なので、かなりの利益を残して利益確定できました。コロナ後のチャートも全く回復の兆しがみえません。しばらくは買い出動にでる機会もないかと。

グローバル3倍3分法ファンドeMAXIS Slimバランス8資産が同じく一桁台。

ただ、リートとは少し状況が違うように思われます。本来バランスファンドは大儲けより手堅くを志向するもの。

f:id:tomyrich:20201213150116p:plain

チャートの形はきれいで、すこしずつ戻してきています。

投資方針によってはこれでよいという人もいるかもしれません。

 

本題です。黄色をつけたのが各期間における最高パフォーマンスを叩き出したファンド、そして空色の四角が総合点て独断で最高評価したファンドです。

この事実の前には納得するしかないです。

1年で100%越えのリターン、しかも直近でも大きく上昇。

現時点において、最も資産形成に寄与するファンドでこれを選ばない方がおかしい、それほど圧倒的な差異です。

 

こういう事実を見つけ出せるのが、この作表の効用です。

今週の追加投資

  米国IPOニューステージ・ファンド  5万円追加投資

  eMAXIS Neo 自動運転    5万円追加投資

 

「鉄は熱いうちに打て」

 

       にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
       にほんブログ村