アクティブ投信で大儲け?

アクティブ投信に関する実践記録

基準価格期間別騰落率を見て、梅雨入りで、気分も鬱に入ってるのかも。

6月20日

 

大谷翔平、またまたホームラン。もしかするともしかするかも。

井上尚弥もやってくれました。本場ラスベガスのメインイベンターの実力をみせつけました。

ここまでくれば、東京オリンピック何とか成功して欲しいです。

 

早速、基準価格期間別騰落率をみることにします。

続けることに意義がある、はず。

f:id:tomyrich:20210620154028j:plain

 

週末のNY市場は総崩れで終わりました。

ところが、世界の株式ファンドはそんなに悪くないのかも。

すくなくても1年で見ると、日本株ファンドを除いてすべてのファンドが40%ごえの上昇、これは凄いことです。

一か月でも、シグナル戦略以外はしっかりプラス。

それを素直に喜べればいいのですが、そうでもなくて何だか負け戦を重ねている気分なのです。

たとえば、eMAXIS Neo自動運転やグローバルAIファンドなどは私の主力ファンドなのですが、今週は勿論1か月でも大きく勝ち越しています。それなのに含み益はほとんど増えていません。どうも数字と現実がかけ離れている気がしてなりません。

 

f:id:tomyrich:20210620162754j:plain

 

悪くないんでしょ。何故だかを細かく追及する気にもなりません。

梅雨入りで、気分も鬱に入ってるのかも。

今週こそ、黒白をつけましょう。

 

良い一週間を。

 

       にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
       にほんブログ村