アクティブ投信で大儲け?

アクティブ投信に関する実践記録

ひふみプラスと日本株アクティブファンドの比較。昨日は-84,903円。

f:id:tomyrich:20211112155827j:plain

「ハート形」のコスモス畑 徳島・阿南市


11月12日

 

昨日の結果

f:id:tomyrich:20211112155852j:plain

収支  +7,421,064円  前日より 84,903円マイナス。

昨日  日経 +0.59%   TOPIX +0.32%

    値上がり 860   値下がり 1233

 

今朝のNY市場

f:id:tomyrich:20211112160034j:plain

大丈夫だと思うけどな。

 

前日からの増減

f:id:tomyrich:20211112160132j:plain

 

合計で、-84,903円。

昨日の相場からは仕方のない負け。

一喜一憂するのは仕方ないとして、勝ちもあれば当然負けもある、それをどう捌くかが妙味と、まだ余裕をみせておきましょう。

 

 

正直、大きな期待はしていないのですが、日本株ファンドの動きがじれったいです。

日本株アクティブファンドの過去パフォーマンスを確認してみました。

比較したのは、日本株アクティブの雄、DIAM新興市場日本株ファンド

人気のひふみプラス、そして保有ファンドの東京海上・ジャパン・オーナーズ

 

先ずは、全期間のリターンから。

f:id:tomyrich:20211112163954j:plain

 

運用期間が違うとはいえ、新興市場日本株の2582%は驚異的です。

 

では、同じ土俵の3年ではどうでしょう。

f:id:tomyrich:20211112164803j:plain

やはり、ここでも新興市場日本株の凄さが光ります。失礼ながら日本株の投資信託で3年保有しているだけで、128%とは美味しすぎます。

ここから得意の言い訳になりますが、私が投資信託に入ったのはこの頃。

もちろん、新興市場日本株は気づいていましたが、確か既に販売停止になっていたはず。テレビでひふみプラスが取り上げられたのもこのころ、私のきっかけにもなりました。

ジャパンオーナーズの手堅さを感じて、現在に至るわけですが本来なら58%のリターンを確保していたわけですが、表のごとく26%にしかなっていないのは途中売却を入れているせいです。強気で保有か安心をとるか難しいところですが、私にはリスクを限定的にするスタイルが現実的だと思っています。

 

最後に、年初来もみておきましょう。

f:id:tomyrich:20211112171113j:plain

全期間を通じて、3者の順位は変わらなかったわけです。

ジャパンオーナーズの12%、期待通りとは言い難いのですが、日本経済の動向にも関心を持ちたいですし、プラス確保ですしこんなところかなです。

アクティブファンドの良さは、的を絞れることだと考えると、ひふみプラスは余りに巨大になり過ぎたのではという気がします。

 

       にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
       にほんブログ村