アクティブ投信で大儲け?

アクティブ投信に関する実践記録

基準価格期間別騰落率の観察。投資の目的、そしてその目標と戦略。

1月30日

 

少しウーキングをして汗をかき、テレビを見ながらコーヒーブレイク。

小さな幸せを感じるひと時です。

 

1月もいよいよ終わり、ふと我に返るととんでもない1か月でした。

これからも山あり谷ありでしょうが、めげずに観察を続けます。

 

f:id:tomyrich:20220130154928j:plain

 

恐ろしく赤字が増えてきた印象です。

日本株ファンドは、全期間全滅。

そして、私の保有していたアメリカ株アクティブファンドもしかり。

かつては、最高のリターンをあげていたのに1年リターンでもマイナスに転落です。

改めてボラティリティの大きさを実感です。ということは、ということは持ち直すときも凄まじいと考えます。

 

f:id:tomyrich:20220130155958j:plain

確かに、ここのところの下落は凄まじいものがありますが、どう考えてもトップランナーが平均に負けるわけがありません。

要は、どうそのファンドを正しく選択できるかです。

休むも相場で、小休止としましたが、できることならうんと下げて、エネルギーを溜めて欲しいものです。再出撃をマイルールに従い粛々と実行します。

 

 

投資の目的、そしてその目標と戦略。

どのようなファンドを選び、その運用をどうするかは、結局その投資の目的がなんなのかにかかっています。

年5%のリターンがあれば十分達成できる目的であれば、わざわざリスクを取りにいく必要もないわけです。

私の投資目的はというと、幸いにも毎日の生活には事欠かないで暮らせそうですが、それも所有するマンションのお陰。それでもそれもいつかは建て替える必要に迫られるわけですが、その費用はおよそ2億円はかかりそう。

ローンでリスクを子供の世代まで持ち越すのを避けるためには、それ以上のお金が必要ということになります。

子々孫々の安穏はひとえに投資の成果にかかっています。

平均では駄目なんです、目標に追いつき追い越せでこれからも頑張ります。

 

先日、ブログを御覧の方から、こんな本を読んだら役に立つはずですよと、コメントを頂きました。時間もあることですし、先達はあらまほしき事なりと、早速電子書籍を購入し、読んでみることにしました。

失礼ながらこの場をお借りして、お礼申し上げます。

 

良い一週間を。

 

       にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
       にほんブログ村