アクティブ投信で大儲け?

アクティブ投信に関する実践記録

基準価格期間別騰落率の観察。レバレッジ総動員で勝利を。

8月6日

 

やっぱりまだまだ暑い。

20年以上住まわれていた賃借人の方が、両親が相次いで亡くなられたのを機に退出となりました。16万の減収も痛いですし、随分経ちますのでリフォーム代も馬鹿にならない見込み。

この年になって節約に気を使う人生も嫌ですし、投資に頑張ってもらうしかありません。

 

基準価格期間別騰落率の観察からです。

 

 

ここ一か月でみると、下げたのは、コモデティと新興国。

コモデティは基本的に資源に陰りがあるわけですし、終わりでしょうか。

やはり投資をしていて楽しいのは、成長に託すことでしょうか。

となると、アメリカとインドと、我田引水になってしまいます。

 

ここのところの戻りではレバレッジの強さが気になります。

景気後退で、一寸先は闇ですが、そこは流れに従う投資は完全に順張りですから、良ければどこまでも、悪ければ撤退と、成長のある限り最終的な勝利を確信しています。

レバナス、SPXL、SOXL、TECLと総動員で答え合わせを待ちます。

 

疑似レバナスの20年間の検証も終わりました。

最後の確認でiFreeレバレッジ NASDAQ100の2018年からを確認します。

良い一週間を。

 

       にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
       にほんブログ村